• TOP
  • >
  • 外国人技能実習制度

外国人技能実習制度とは 

受入企業の技術・技能等を技能実習生に修得させることにより、それぞれの国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので日本の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担う制度です。

この制度の目的とは、人材育成を通じた開発途上地域等への技術・技能等の移転による国際協力を推進することです。

開発途上地域等の経済発展を担う人材育成の思いに応えることで、国際協力・国際貢献の一翼になりまた、社内の活性化にも繋がります。

企業内に技能実習生がいることで企業内の国際交流が生まれます。
技能実習生イメージ

万全の受入サポート体制でフォローアップ

受入れ前から、入国・配属・帰国まで、安心・信頼頂ける技能実習生受入れを実現。

申込み

まずは当組合までご連絡ください。制度の説明、組合のルールなどご説明いたします。

技能実習生候補者の募集

求人票その他選考に必要な書類を当組合が支援します。選考の準備期間になります。(1か月程度)

海外現地選考

現地へ赴き選考試験、面接を行っていただきます。

入国前講習(約6か月)

採用者の計画認定書類等の作成をします。組合と企業で協力して書類を作成していきます。

採用された人(技能実習生候補者)はこの間日本語・日本の習慣などの勉強をします。

入国

選考から約6か月後、日本へ入国してきます。

入国後講習(約1か月)

組合主導のもと、日本語・日本の習慣の講習を約1か月間行います。

企業での実習が開始されます。

LinkIcon 技能実習1号(1年)

毎月組合の役職員と通訳が企業を訪問します。

企業配属から約7か月後に基礎級試験があり(実技・学科)合格者は技能実習制度2号へ移行します。

LinkIcon 技能実習2号(2年)

3年目の在留期限の約6か月前に技能検定3級の実技試験があります。

条件を満たした企業あるいは技能検定3級実技試験に合格している技能実習生は3号に移行することができます。

LinkIcon 技能実習3号(3年)

技能実習3号の活用を望まない企業あるいは技能実習生は滞在期間3年間になります。

技能実習3号を実施する企業あるいは技能実習生は最長で5年の滞在期間になります。

実習フローチャート
実習フローチャート

技能実習生の人数枠

第1号(1年間) 第2号(2年間) 優良要件適合者
基本人数枠
常勤職員数 技能実習生の受入れ人数 第1号(1年間) 第2号(2年間) 第3号(2年間)
30人以下
3人まで
基本人数枠の2倍 基本人数枠の2倍 基本人数枠の4倍 基本人数枠の6倍
31~40人 4人まで
41~50人 5人まで
51~100人  6人まで
101~200人 10人まで
201~300人 15人まで
300人以上 常勤職員総数の20分の1

技能実習生の人数枠
 

第1号(1年間) 第2号(2年間)
基本人数枠
常勤職員数 技能実習生の
受入れ人数
30人以下
3人まで
基本人数枠の
2倍
31~40人 4人まで
41~50人 5人まで
51~100人  6人まで
101~200人 10人まで
201~300人 15人まで
300人以上 常勤職員総数の
20分の1


優良要件適合者

第1号(1年間) 第2号(2年間) 第3号(2年間)

基本人数枠の
2倍


基本人数枠の
4倍


基本人数枠の
6倍

現在、中国とベトナムから技能実習生を受け入れています。その他の国からの受け入れも可能です。技能実習制度の活用前に、組合加入の前に、まずは視察をしてみたいなど・・・お気軽にお問い合わせください。